プランニングの重要性

 

プランニングの際に大切なことは2つあります。

1つは「光と風」。

光や風をどこからでも採れる場合は例外ですが、

どんな条件下でも土地の形状や環境に合わせて

どのように取り入れるのかが重要になります。

光と風を十分考慮した家づくりは、

これしかない、という間取りが必ず存在します。

 

もう1つは

「家族構成とライフスタイルに合った家づくり」です。

  

家族の成長と変化、

そしてどのように生活したいのかという、

全員の希望を汲み取った上で

プランを考えることが大切です。

「十分な採光・採風」

「家族構成やライフスタイル」

「無駄のない動線」

「非日常の空間」

そのどれもがうまくかみ合った間取りこそが、

そのご家族にとって最もよいものだ

と言えるでしょう。

 

その上で次に重要なのがゾーニングです。

ゾーニングとは何か。

ゾーニングとはプランニングをする際、

家の形や玄関、LDK、水廻りなどを

どこに配置するかを決めることを言います。

 

そこにもいくつかのポイントがあります。


 ①光と風を考慮し敷地の形状に応じた間取り 

“敷地の特性を最大限に活かす”


 ②季節と周囲の建物を考慮した採光

“日射取得と日射遮蔽”


 ③気持ちよく快適な採風や周囲の環境を

考慮した窓やお部屋の配置

“環境とデザインの調和”


 ④家族構成やライフプランに合った動線計画

“快適で持続可能な住環境”


私たちは、一つの敷地に対し、

最適なプランニングは一つしか存在しない

という信念を持っています。

住まいの計画は、

単なる建築物を創る行為ではありません。

それは、

「お客様の夢や生活を形にする」

芸術作品です。

他と比較しようのない、

唯一無二の価値を持つもので

将来の住み心地を大きく左右します。

土地ごとに環境や条件が違うからこそ、

土地にあった設計とお客様のご要望を

取り入れてご提案する。

それがプロの責任だと考えています。

 

相談してみる