TATERUNARA現場レポート

地域別|すべて

建築中レポート

1. 2024年03月19日

各ボルトのすき間は気密テープを張る前にまずコーキングで埋めます

2. 2024年03月19日

ボードを止めるビスも、ピッチ150㎜以内を確認

3. 2024年03月19日

キッチン床下。床断熱の為、この空間は外気になります。基礎立上りの向こう側は浴室(気密側)になる為、冷気が行かない様にウレタンでふさいでいます

4. 2024年03月19日

外部からのボルトが熱橋になる為、ウレタンで断熱しています

5. 2024年03月19日

天井に見える白いところは、外部からボルトが貫通しているため、ボルトの熱橋を防ぐためにウレタンで断熱しています。

6. 2024年03月19日

外部に抜けるダクト配管まわりはドームパッキンでしっかり気密をとり、さらに壁の気密シートに気密テープで止める

7. 2024年03月19日

コンセントはバリアBOXの中に入れ、BOXと気密シートをしっかりとめる。これで、コンセント自体は部屋内側になる